今日は目元の保水のこと

目のまわりは膚がハンカチほどの薄さしかないので、ちょっとの刺激によって肌トラブル等がおきやすい場所といえます。そのためにも、しっかりとした肌ケアが大事な所であり、ケアを続けることでちりめんじわや隈、眼元のたるみといった肌トラブルを解決していくしていくことが可能です。

お手入れするときには、悩みに合わせた肌対策をすることが大切です。美容液も皮膚の状態にあわせたものが店頭で販売されているため、肌の悩みにあわせた種類を使用してみる事が肌トラブルの改善にいいとされています。

目もとの乾燥が悩みといったケースでは、潤い成分を含んだセラミドもしくはヒアルロン酸、ふっくらした肌作りにかかせないコラーゲンなどといったモイスチュア成分が配合されているものを使うことがお勧めとなります。コラーゲンは保湿機能がとても高いため、肌の水分不足などが原因の乾燥にあらわれる目の周りの縮緬皺に効果抜群です。

顔のくすみが悩みのタネだという時ですと、美白対策に効果のあるビタミンC誘導体が有効です。ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を活性化させるため、強い紫外線もしくは炎症などで体内で生成されたメラニン形成細胞によって起こった色素沈着や皺に有効で、皺をしっかり治したいいきたいときにはレチニールエステル入りの美容エッセンスがオススメだとされています。肌への負担が少なく安定してしみ対策の化粧品に配合されているRetinalはビタミンAの総称となります。ビタミンAは肌に重要な成分で傷ついた肌の粘膜や細胞をリカバリさせCollagenやエラスチン、hyaluronanを作ります。

ただし注意しなければならないのは、vitaminC誘導体やレチノールといった成分は素肌の丈夫じゃない人が使用された場合肌に負担が表れる可能性もあるようです。そのため、肌トラブルにならないように使う前には必ず手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやってから使い始めることがおススメとなります。そして、目もとのケアを行う際にはクレンジングなどにも注意することが重要です。