あの目の周りの皮膚の乾燥ってどうでしょう

目もとは皮ふがガーゼほどの薄さしかないため、些細な刺激で乾燥等が起きやすいところです。そのため、日頃から丁寧な眼元ケアが大事なポイントであり、ケアすることによって乾燥しわや黒クマ、弛みなどを軽減することができます。

お手入をする時には、状態に適した目もとケアを続けることが大切です。美白美容液もお肌の状態に適したものがたくさん販売されているため、肌のコンディションに沿ったものを使用してみることが肌トラブル解消に有効だと考えます。

乾燥が悩みの種という場合には、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲンなどといったエモリエント成分が含まれたものを使うことがおすすめとなります。ヒアルロン酸は保水力が高いため、エアコンなどが原因の乾燥に出来てしまった眼元の縮緬ジワに非常に効果的です。

顔のくすみが困る原因の場合ですと、美白成分であるvitaminC誘導体がおすすめです。ビタミンCderivativeはコラーゲンの合成を活発にさせるため、日焼けした際や皮膚の炎症などで体内で生成したメラノサイトによって起こったしみやしわに有効で、目もとのしわを本気で治したいというときにはRetinolという成分がお勧めだと言われています。肌への刺激が少なく安定しているRetinolはヴィタミンAの総称となります。ビタミンAは体作りに重要な成分で傷んだ肌や細胞を回復させてcollagenやElastin、hyaluronic acidを生み出します。

しかし使用される前に注意しなければならないのは、vitaminCderivativeやレチナールといった成分はお肌の弱い人が使った場合肌に負担が出る可能性もあるようです。そのため、肌のトラブルにならないように使うために出来れば手の平などにそれらを塗りパッチテストをしてから使用されることがおすすめです。そして、目もとのお手入を行う場合はオイルクレンジングなどにも気を配る必要が大事です。